ファンド情報・5%ルール速報

■株式速報■

※投資に基礎は不可欠。実際に役立つ株式/不動産投資・起業・会計等の投資力をつけるなら→ココ

【本間ゴルフ 7884 JAS】
  ・推奨時株価  35\
  ・推奨1週間後 105\

[200%上昇!] 株価3倍
今日の推奨銘柄は こちら

  ◆◇ 必見です!! ◆◇
「今までの株式投資のやり方を変えたい!」 あなたはトレーナーズ・クラブへ

2006年1月31日(火)
AM8:55

寄り前は調整感が強く、どの銘柄にも勢いが見られません。全体的に過熱感が進んでいたこと、本日決算発表の銘柄が多い事などから今の所様子見が周流の動きとなっています。

2006年1月30日(月) PM13:15
投信設定
近く投信設定があるようです。それに絡んで推奨銘柄が出ています。目先月末の運用はなさそうですが、時間を置いて乗っても良いかもしれません。筋も今日辺りから仕込み出しているようです。

■ご参考銘柄
・2395 新日本科学
2006年1月30日(月)
2409 ネクスト 2

・2409 ネクストジャパンの売り物数が増えません。一旦止まった模様です。最近の情況として赤字転落銘柄は2日目のザラ場で寄るケースが多くなっています。明日のザラ場中に寄ってくる憶測が飛んでいます。

現在の市場は大変強い勢いを感じます。ご迷惑をお掛け致しますがこの銘柄は割り切り、ロスカットを重ねてお願い申し上げます。

2006年1月30日(月)
2409 ネクストジャパン

すでに決算発表をご覧になり、情況を考察されている方が多いと存じます。実際私も「有料配信レポート」にて推奨した経緯もございます。現状は昨年の・2363 モック が下方修正で赤字転落した時と同じような動きとなっています。

本銘柄に関しては私も含め、仲間内の仕手さん達共々どっぷりと嵌りました。一部で言う「インサイダー」疑惑や「騙し」等の噂もありますが、
負けです

また赤字の幅が大きく売り気配の現状ですので本日は比例配分となる予想です。売りが一巡したら新たな建て直しの買いも入る可能性がありますが、ここは拘らず目を瞑って売りをご推奨致します。大変申し訳ありませんがお手持ちの方はいったんロスカットをお願い申し上げます。
今後穴埋め銘柄厳選しを公開させて頂きます。

本当に申し訳ありません。重ねてお詫び申し上げます。

2006年1月28日(土)
25日線超え

ダウはあっさり高値をとり、ライブドアショックの以前の価格を取り戻しました。さらに先物は勢いよく上がり暴落何のそのという感じです。私個人的には警戒感が残りますが、再生した日本経済が織り成す今の勢いある市場ではこの考えも間違いだったのかと悩んでいるところです。

つい1週間程前ですが事実あの暴落により組み立てた仕手銘柄は跡形も無く壊され、ついでマネックス証券による信用担保規制でローラーをかけられたようにペシャンコにされた仕手さん達は壊滅的状態に追い込まれ持ち玉を投げさせられました。そして追撃の仕込み買いを入れる間もなく小刻みに銘柄を探っている間に指標銘柄があ、という間に駆け上がり、いったいあれは何だったのか!? と未だに狐につままれた状態です。

それでも経済が上向き、市況が戻るのは良い事です。現在仕手さん達は改めて建て直しや新規銘柄の物色にはいっているようです。状況が変わったことで仕込みの手段も変わってくるようですが、皆懲りない方々なのであの手この手でいろいろな手法を駆使すると思います。今後の銘柄に期待したいです。

ですがこのような市場展開が続く場合、仕手筋で情報を取るのも良いのですが、実体経済に後押しされるような大道の銘柄選定も必要になります。そこでダウも戻ったことですし、
実体経済に即し、尚且つその内容に仕手さん達も提灯をつけるであろう銘柄を選定してみました。ご希望の方は下記よりお申し込みください。

また今回のレポートは今までのレポートとは違い、現在私がもっとも頼りとしているある投資顧問会社の皆様のご協力を多分に頂いている内容です。極めて硬い内容ですがご一読の価値はあると思いますので予めご了承ください。



◆◆◆◆◆【レポート配信】◆◆◆◆◆

06/1/30 「Money is hard レポート」 
記載内容は今後の市況と推奨個別3銘柄/詳細

◆募集期間:1/30〜2/2まで
◆申し込み 1配信「\1.500円」

配信ご希望はこちらから

※大変有難い事なのですが、ご質問等には件数によりすべてにお返事が出来ない場合がございます。誠に申し訳ございませんが予めお詫び申し上げます。

2006年1月27日(金) PM14:30
とりあえず…

・3789 ソニコミ は言ってる先からストップ高となってしまいました。どう考えてもまだまだ安い水準だと思います。親のSONYのおかげでしょうか?。.

とにかく提灯メンバーの皆さん、
ストップ高 おめでとうございます。

日経平均も勢いついています。警戒は必要ですが流れに乗るのも相場です。割り切って乗ってください。


「近状」

4287 ジャストプラン 一部の仕手さん達が再度集結している模様です。あくまでもウワサですが来週早々何か発表がありそうです。

4527 ロート
中国で鳥インフルエンザト指定医薬品の日本第一号を決めたと言うウワサがあります。発表は未定ですが、決まれば相当の買いが入る事が予想されます。それはそうと、昔から薬品株は1発高とも、花火とも言いますのでご注意下さい。

あくまでウワサなのでお取り扱いには十分ご注意下さい。
 


2006年1月27日(金) PM12:30
中期目標

以前にもご紹介致しましたが、やはり・6758 SONY は資産として持っておかなくてはいけないかもしれません。本日は火が点いてしまってますので、5500円前後の所の調整局面があれば乗る所でしょう。上値めどとしては6500円位を目標にして下さい。

さらに連れ高の
・3789 ソニコミ も面白い所です。割安感たっぷりなのでこの辺りは仕込み場です。内容も過去の「有料配信レポート」でご推奨する位、しっかりした銘柄です。

また勝負銘柄ですが、
・8922 IDU が下がってきました。そろそろ買い場かもしれません。割りきった資金があれば乗ってみてください。

2006年1月27日(金) AM9:40
底上げムード

やはり全体が上昇ムードです。昨夜アメリカCBSの人気番組「60’ミニッツ」にSONYのストリンガーが出演し、外人に対して相当SONYを宣伝したらしいです。一部投資をあおるような発言もあったらしく、気配から大口の買いは外人の一手買いではないか、と言う憶測が市場に飛んでいます。

日経平均もパラボリックで「買い転換」したようで、高い時は付きにくいかもしれませんが、本日も短期勝負の銘柄をご紹介します。

・4043 トクヤマ
・8306 三菱UFJ証券
・4732 USS


また、本来であれば「近状」にてご紹介するのですが公開します。大道銘柄としてテクニカル的に面白い所で

・8966 クレッシェンド投資法人

をご紹介致します。某有名投資顧問○-キ○○○○のサポート部が苦情顧客に最後に純投資として紹介している銘柄です。チャート的にも確かにいいトコなのでお調下さい。中長期にてご参考されれば面白いかもしれません。

2006年1月27日(金) AM8:30
シカゴは…

終値 16165円 +435円 でした。やはりSONYの影響でしょうか?またNYも+99$と良好な市場が展開されました。過熱感は残るもののこの好循環は本日の日本市場にも波及が予測され、ライブドアショックも吹っ切ったような好景気感が感じられます。

さらに一証券会社であるトレイダーズ証券
が1:3の株式分割を発表したり、連日日経に載る企業業績の上方修正報道などから益々将来が明るい日本経済の群像が見えてきます。

将来明るい日本経済の予想は賛同しますが、しかしどうしても捨てきれないのは、もう一度起こるかもしれない3番底の件です。この予想が「いつか地震が来るよ」的な生活不安であるならば、「Money is hard」は弱気論者で頼りない、と言う事でご批判を頂くまでですが、過去を知っているだけに臆病になります。

相場で儲けを出すには流れに付くのも大事な事です。弱気に押されて投機を逃すのは愚かな事です。ですが今回の私の予想が外れてくれる事を願わずにはいられません。

良い時こそ最悪の事態を忘れず本日も頑張りましょう。

2006年1月26日(木)
6758 SONY

以前「有料配信レポート」お申し込みの方々には「近状」としてご紹介した銘柄ですが、昨今の日経新聞を賑わしているように、本日本格的な業績向上が速報で流れました。今後ますます買い進まれると思います。

しかしながらこの事は単にSONY株の価格が「上がる」だけの話ではありません。株に長けた皆さんはすでにお気づきだとは思いますがSONY
の業績向上は、日経平均に対する行く末の「外人買い」に大いに関係します。

外国法人が日本株を買う場合にSONYは必ずファンドされます。また懐かしいですが、ファンドが増えれば裁定取引のようなデリバティブ的買いの多発化も期待されます。さらにSONYの向上は他の日本銘柄物色の手掛かりになります。

ここ数日私は3番底への警戒を連呼して来ました。しかしながら本日のSONYの動向から、恐らくこの先「225」は勢いづく可能性があります。テクニカル的にも25日線に接近していて、これを抜くようならば「ライブドア何のその…」という事になるやも知れません。

あくまでテクニカルですが新興市場に対する指数は警戒水準である事には違いはありません。が、ダウが活況になれば一般投資家も参入してくるのが市場です。また、当の「ライブドア」の出来高が激減している本日の商いを見ると、そろそろ飽きて来て別の銘柄へ関心が戻り出したか?という推測も生まれます。

過去のブラックマンデーを思い出すと、こういった安心感の中で3番底がいきなり口を開けたい変な目に合ったのですが、ネットディーラーというNEW WAVE がが加わった今の市場では、私の予想が外れる事に期待したい気もあります。

今わかる事は、「ダウが16000円を抜くか否か」で市場展開は変わって来る、という事です。警戒心を忘れずに明日の市場に期待したいです。

2006年1月26日(木) PM13:20
5856 東理HD

増配による株価上昇が見られます。それに伴い「近状」が入りました。今の時期ですので公開します。


・5721 エス・サイエンス

近日材料発表があるようです。銘柄が銘柄ですから、勝負をかける方は腹を括って乗って下さい。


2006年1月26日(木) AM9:40
8922 IDU

フシを抜いてきています。目先警戒は忘れてはならないですが先物も高く、ケースによっては危険を覚悟し時流に乗る事も必要かも知れません。あくまでも割り切りが前提の銘柄です。

・8922 IDU 
・4287 ジャスプラ

上に目先のフシが無くなりました。仕手性もあり面白いかもしれません。

・4310 ドリームイン
ご存知のように業績向上です。69万円のフシを抜いてきたら面白いかも知れません。ですが1/17の高値があるため短期の売買が前提です。流行につくなら面白いかもしれません。

2006年1月26日(木) AM8:50
調整気味です。

全体的に上値が重そうです。それでいて業績が上向きの銘柄が順次発表になってきてとても食指が動く事と存じます。短期値幅を狙う心得があればよいですが全体チャートの傷は癒えていません。割り切りが必要です。

本日の短期推奨銘柄
・3783 ナノ・メディア
・6310 井関農機
・6760 カシオマイクロ
・6736 サン電子


状況から押されている銘柄、また業績から上昇が望める銘柄ですが、短期値幅取りを前提にご参考をお願いします。

2006年1月25日(水)
3789 ソニコミ

続伸瀬手下ります。本日の戻りは売りや現金化と再三申し上げておりますが、この銘柄に関しては継続保持をお願い申し上げます。現在1/16以来の5日移動平均を上回る動きとなり、少しずつ戻りの兆候が見え始めています。前回の「有料配信レポート」でも詳細を記載しましたよう、材料的には申し分ありません。ただ発行株式数が多いので他の小型銘柄のように材料発表がない限り急騰はありませんが四半期、本決算等の本筋命題が期待できます。全体市況による暴落等にはつられ易いですが、企業内容が公になり火が突き出すと大きな利益が期待できそうです。
 

2006年1月25日(水)
とりあえず

ダウは小高く一見いい感じに見えますが、もう一歩の押し上げ力が弱く感じます。昨日も記載しましたよう個別によりプラスの銘柄もありますが、上値レンジは狭いです。一旦の利益確定をお勧めします。

時間はあまりなく、値幅的にもそれほど取れないとは思いますがリスクを覚悟して気になっている短期売買銘柄を記載します。投資には十分注意して当たってください。

・2412 ベネフィット
・9613 NTTデータ
・2315 SJHD


・6758 SONY
本日の日経にも掲載されているように今年の本筋の銘柄となっていくようです。仕手株色よりは大道の銘柄です。長期保有にてご考慮ください。

2006年1月24日(火)
本日の相場

昨日の暴落から一転、本日は値を上げて取引が終わりました。マスコミでは渦中の社長の緊急逮捕から相場に悪抜け感が出てとりあえず安心感が広まったような報道が目立ちます。ですがココをご覧になる方々は十分ご理解頂いているとは思いますが、チャートが崩れるまで売り込まれた相場は簡単には戻りません。何度も上下を繰り返し時間をかけて戻るという事を忘れないで下さい。

現在私が毎日身を置く投資顧問会社でも(就職してるわけではないですから)今日は上がって(戻って)来た相場を見てか、「ココは買いだろう!?」という相談会員の方のご連絡が多かったと思います。


心理としてあれだけ売り込まれたのですから、一刻も早く取り返したい、また安い所からの立ち上がりのチャンスに乗り遅れまい、というお気持ちは十分理解いたしますが、私のスタンスは
「売り」です。ザラ場中にも幾度と無く記載させて頂いております。しつこいようですが、明日の戻りは「売り」です。

本来私は「仕手派」なので情報重視に銘柄を選定しご紹介しておりますが、珍しくテクニカル的な事を申し上げれば、ストキャスのSLOWが下向き、MACDも下向きとなっています。個別銘柄によっては現物銘柄等がオーバーシュートする場面も想定できますが、基本的には上値レンジは狭く限定的と思われます。

特に昨日から本日にかけ・8922 IDU や ・4813 ACCESS 等についた方は十分ご注意ください。その他の銘柄に関しても同様です。

今回の暴落は情報だけで乗り切れるほど甘くは無いと思って下ります。こういう時期は普段よりも多く情報が錯綜するし、その分だましも増えます。話に対して指標的裏付けや過去の経験が無いと正しい選択が出来ない場合があります。大変難しい相場ですので、出来れば現金余力を高め、今はジッとなさっているのが安心です。

とは言え、「Money is hard」としてはやはり儲けて何ぼ(ホ○エ?)ですから買うタイミングも勿論計っております。過去の話ですがブラックマンデーが底をつけた後、バブルに向かう過程においてマンデー成金が続発しました。「車買った」や「クルーズ旅行へ行く」等と嬉しそうに話す投資家が非常に多く出たのを思い出します。

そして恐らく今回の暴落が本当に落ち着いた後、同じように大金を手に入れる方が大勢出るような気がします。タイミングと銘柄さえ外さなければこの暴落は大変なチャンスとなります。

チャンスに乗る前に切符を無くすような行動だけは避けてください。


2006年1月24日(火) PM13:00
下落銘柄

銘柄により上値を追う展開が見られるようになりました。しかし情況はまだまだ予断を許しません。短期売買の姿勢は変わりませんが、いずれ来る戻り相場を想定しいくつか大きく突っ込んだ銘柄を選定しました。目先の下げを想定するならばぜひ手持ちに加えたい銘柄です。また行き過ぎ所は短期で利益確定出来る水準になるかもしれません。

・9735 セコム
・8585 オリコ
・2678 アスクル
・8404 みずほ信託


少しでも利益を生み出すようご参考ください。

2006年1月24日(火) AM9:55
買い気配

少し値を戻しだし、精神的に楽になったような気もしますが相場はまだ要注意の情況です。アヤ戻しで目先のリバウンドは狙えそうですが、これだけの追証や投げ、一般株主が大量保有していると言われているライブドア関係銘柄の処理は終結しておりません。可能性の話になりますが、しばらくの土台固めの後、3番底を付けに行く大きな下げがもう一度考えられます。何度も申し上げますが買われる方は短期売買による利益確定をお忘れなく。また失礼な言い方になりますが、ナンピン買いの余力を持たない方の買いもあまりお勧めしません。それならば今は何もせず、現金余力を蓄えて頂きチャートが戻るまで手出しは控えられた方が安全策とも言えます。予測される下落に備え、お手持ちの銘柄で利食えるモノは現金化される事をご考慮ください。次に来る下げが大底になる可能性があります。

2006年1月24日(火) AM9:10
折り返し点

を通過し、後は下げの為に発生した整理玉の処理だけと思われます。大きく下げた銘柄は目先乗っても良いですが、買い気配で高値をつかまぬ様くれぐれも気をつけて下さい。基本的にはまだ安心して上がってゆく相場ではありません。安い所を拾い、細かく刻む事をご推奨いたします。

2006年1月23日(月)
短期売買

リバウンド狙いの相場が続きます。現在はどう見ても売られすぎの情況だと思います。本日もう少し突っこんだ場面があればナンピンのタイミングかもしれません。またそろそろ追証が気になるところです。目先の下げは良い水準まで来ていると思いますので明日の寄りまでが安く、その後反発する場面が予想されています。戻りに対して機敏に動けるようキャッシュフローは軽くしておくに越した事はありません。

新興市場は、ブラックマンデーの時と酷似した情況です。下げの目処は今回の件で逮捕者が出たり、また政府から何かしら方針が語られる場面と思われます。数ヵ月後目減りした資産はある程度回復しているはずなので厳しい時かとは思いますが丁寧に相場を見て行って下さい。

2006年1月23日(月) AM10:00
リバウンド銘柄

・3736 コネクトテク
・8922 アイディーユー
・3773 アド メディア


短期リバウンド狙いです。押し目を狙ってください。情況は予断を許す所ではないのでナンピン覚悟で短期利益確定を前提に当たってください。

2006年1月23日(月) 9:05
3789 ソニーコミュニケーション
本日も寄り付きは安くなっていますが、先週「関東財務局」届出の株式保有報告書にSONY本体がすべて保有株の売却が終了した旨の報告が出されたようです。現在の売りは引き受けた野村の整理玉と思われます。これが一巡した辺りから戻りが期待できそうです。但し本日からの2番底を模索する動きは、再度追証の発生を生じさせる可能性があります。全体チャートはいずれ戻るのは確実ですがしばらくはかなりのウネリと乱高下が予測されますので十分注意して相場に当たってください。
2006年1月23日(月) AM8:45
本日も

全体的に売り優勢の始まりとなりそうです。先週より記載しているように今週は2番底を模索する展開となりそうです。寄付きからつらい場面が予想されます。本日の寄り前の外人売り等を見てもライブドアのファンダメンタル的マイナス思考と急落による追証等の交錯でテクニカル的なチャートが底打ちしなければ下値目処は付かない情況です。本日は手を出さず、基本は「様子見」に徹する事をお勧めします。

2006年1月21日(土)
土曜日
怒涛の1週間が終わり静かな雪の朝となりました。ですが今回の件にて心中穏やかではない週末を過ごされている方々も多いと思います。私の元にも財産を無くしたという旨の相談メールが沢山届いております。中には藁をもつかむ気持ちで初めてメールを下さる方もいてお心を察すると、とても人事とは思えません。

社長が自民党の後援で選挙に出馬したり、連日TV番組に出演したりと今を代表する飛ぶ鳥を落とす勢いの上場会社がいきなりこんな事になるなんて誰が想像出来たでしょう。私が席を置く「提灯メンバー」の方々にも大ヤラレこそ無いものの少なからず影響を受けた方がいらっしゃいます。本当に大変な事態だと思っております。

株は自己責任という前提があり、投資に関する責任は投資者自身にあります。誰も救済の手を差し伸べてはくれなし、損失は徹底的に、逆さにしも鼻血が出なくなるまでむしり取られます。この先どんなに被害者が出ても行方不明者や自殺者が出ても、投資者が生み出した損失に国は補填をしてくれません。そんな状況を過去のバブル崩壊後、嫌と言うほど見せられました。

車がなくなり、家がなくなり、最後は本人がいなくなり、残された人々が泣きながら訳もわからずヤ○ザのような借金取りに朝から晩まで追い立てられ、そしてその中に追証を求める私もいて、それが1年も2年も続いて本当にやるせなかった日々を思い出します。

しかしながら今回の件がどこまで波及するかは分かりませんがブラックマンデーの時と準えるならそれ程悲惨な事態にまでは及ばないと思われます。勿論散財額は投資家各々により影響度は異なると思いますが取り戻せる被害ではないかと推測します。無責任な物言いのようですが頂くメールなどからそう感じます。

大変な思いをされた旨は理解しますが、少なくとも藁をもつかむ気持ちなのでしょうけれど、私に初めてメールをくださった方々はメールを私に発する余力はまだあるのです。少なくとも今、このサイトをご覧頂いている余力は残っているはずです。私は出来る限りその方々の要望にお答えするつもりです。

「Money is hard」はある程度株に精通したセミプロ以上の方々が訪れるサイトと認識し申し上げますが、自身に株で儲ける気が本当に、真剣におありなら私はどなたでもお付き合いするつもりです。私の情報で少しでも財産が救われるならどんどんご参考ください。でも一般常識や礼儀をわきまえない方も時にいらっしゃいますが、そういう方々とは一切連絡いたしません。

先日本サイトでも記載致しましたが私は今回の件は地震や台風のような天災に近いものと考えています。株をやる人間からはまだまだ甘いと笑われますが、天災の被災者は助け合うべきだと思ってます。連日頂く大変沢山のメールへは、申し訳ございませんがすべてご返事を出せるとはとても思えません。(あまりの量なので各々順にご返信させて頂いている内に相場が立ち直ってしまうかもしれません。) が、出来るだけご返信させて頂くつもりです。

「株のヤラレは株で取り返す」という格言を聞いた事があります。そして私にお手伝い出来る事があるとすればやはり株の情報をお伝えする事だけです。事態が事態ですので少しでも救済になればと有料にてお送りしているレポートの中から幾つかの銘柄を短期リバウンドとして公開しました。ご参考頂けましたでしょうか?

先週1週間でチャートは壊滅的に壊され、市況は今までのスタンスでは対応しきれない状態となりました。10年に1度あるか無いかといわれている「セリングクライマックス」まで到達した相場は今後しばらく、ここ数年で株を始めたネットディーラーや主婦投資家等は経験した事の無いウネリを展開するはずです。

こういったリバウンド市場で儲けを得るには、テクニカル的技量と経験と勘を織り交ぜた投資手順が必要不可欠です。厳しい言い方ですが、よほど相場に長けている方でないと、投資するたびヤラレを繰り返すと思います。そういった方はダウの傷が癒えて再びチャートが順当に戻るまで投資を控える事をお勧めします。

厳しい相場は来週も続きます。そしてこういった市況こそ株屋の技量が試される時だと考えています。

今不思議な事が起きてます。少なくとも私の知りうる株屋さん達は普段のイガミ合いや自分だけ儲かればと言う気持ちの中に「一緒に銘柄を立ち上げ、少しでも早く市場を復活させよう」という気持ちが見えます。木曜日辺りから横の連絡の多い事。普段は絶対に連絡をくれないような仕手のご本尊からまで来週から立ち上げ再開銘柄のご指示まで頂きました。

今回の件は一般の投資家だけでなく、証券会社も投資顧問会社も仕手さん達もみんなが傷ついた暴落だった事がよくわりました。

「提灯メンバー」にも申し上げましたが、こういった時だからこそ皆さん冷静に熱く頑張りましょう。私もヤラレを取り返せる銘柄を厳選しご紹介します。

最後に「有料」にてレポートをお受け取りになった方々にご承諾も得ず、緊急にリバウンド狙いとして独断で銘柄を公開した件につき、金銭の絡んだ情報に公平さを欠くとしてお叱りや抗議を頂くものと覚悟しておりました。ですが頂いたメールはすべて励ましのメールでございました。「Money is hard」を訪れてくださる方々のお気持ちの広さに大変感動致しました。本当にありがとうございました。
2006年1月20日(金)
再始動銘柄

今回の暴落で壊滅的破壊を生じた仕込みでしたが、仕手さん達もようやく建て直し次の標的が絞られてきたようです。「・○○○○ ○○○○ の安いトコは拾っておけ」と言うご指示を頂きました。近くお祭り再開のようです。

また過去において「有料配信レポート」にお申し込み頂いた方には「近状」上で週刊誌銘柄をお知らせしてまいりました。そちらの情報も入り出しております。

あれだけの下げの後ですから、材料が銘柄に対してどれだけの影響が出せるかはわかりません。そうじて現状の地合に対応する大間かな体制主旨に変わりはないですが、本格的仕手銘柄も復活してきた事で、儲ける為にはこちらはこちらとして割り切った対応も必要かもしれません。

柱とすべき銘柄となるかもしれないこの銘柄に関しては仕込み進行中の仕手のご本尊に迷惑がかかるので流石に控えさせて頂きます。
ですがこういった筋も動き出してきている事で相場の蘇えりも早まる可能性があります。

目先動くのはこういった暴落の中でも強い銘柄や上下を繰り返す銘柄が立ち直り早と思われます。各銘柄の値を追ってください。

2006年1月20日(金)PM14:00
後場

1度目のリバウンドは終了したようで目下2番底探索の動きになっています。皆さん、上手く利益確定して頂けたでしょうか?状況から来週初めが2底という見方が強く、どうせ買いを入れるなら本日の引け間際か月曜位になるのではないでしょうか?

今の所、先日来記載している「ブラックマンデー」の時と似た動きとなっています。大方の予測(過去の歴史)どおりですがこれだけの暴落は一気に戻せるほど相場は甘くないようです。上下調整を何度も繰り返し下値をゆっくり固めながら元値まで戻るのが通例です。その日を待ちましょう。しかし戻すまでの期間的にはそれほど長くはかからないと思われます。目先は「押し目を買って1割取ったら売る」やり方をご推奨致します。

2006年1月20日(金) AM8:50
気配値は強いですが…。

個別によります。現在お手持ち銘柄を売り急ぐ必要はないですが、テクニカル的にも上値はあまりありません。利益確定をお勧めします。全体が戻った分買いやすく見えますが、新規買いは避けてください。「ここは一旦売り」を支持致します。ご参考ください。

2006年1月19日(木) PM13:10
リバウンド狙い

2412 ベネフィット
今回の影響で下げましたが、信用の影響がない分リバウンドも狙いやすいです。高いトコよりは押し目を拾うよう心がけて下さい。今後業界に配布される投信法人のレポートに掲載されるようです。適度なところで利益確定し現金を稼ぎましょう。

2006年1月19日(木) PM12:50)
リバウンド狙い

9513 電源開発 
いい感じのリバウンドが期待できそうです。某投資法人も推奨銘柄に指定する模様です。ただし深追いは禁物ですので適度なところで利益確定し現金を稼ぎましょう。

2006年1月19日(木)
本日のリバウンド

前場の段階で買いが入り戻りにご安心されている方も多いと思います。銘柄により値幅は各々ですが一呼吸つけたのではないでしょうか?。 

しかし水を差すつもりは無いですが、昨日も記載致させて頂きましたよう、今回の上げは暴落からの1度目の反発上げに過ぎず、このままあがり続ける可能性は低いと思われます。全体の調整期間は比較的短い予想が多方より発せられておりますが、本日の単なるリバウンドと混同しないようにご注意ください。

移動平均線や、帰り高値幅によりどこで反転しまた下げが始まるか、またどの銘柄から動き出すか等注意箇所は多々ありますが、現金ストックの溜め込みを前提に「戻りは売り」姿勢を推奨いたします。

2番底はあるはずです。短期の利益確定をくれぐれもお忘れのないよう、相場にあたてください。

2006年1月18日(水)
短期リバウンド狙い

問題の会社が上場廃止と囁かれている状況ではありますが、現在私が身を置く投資顧問の皆さんと市場にリバウンドの気配が見えた時、どの銘柄辺りから買いを仕込むか相談しました。以下は私を含め各々が持てる情報を駆使して集めた銘柄です。

市場が大変読みにくくなっている関係上、いつもの「有料配信レポート」や「近状」のように実際に動くかはわかりませんが、多くの証券関係者や仕手さん、同業の投資顧問等から集めたものです。
あくまでも短期回転で売り抜ける事を前提に狙っているので十分ご注意の上ご参考下さい。(勿論そのまま上がって行ってくれれば一番よいのですが)

また事態が天災のようなモノなのでいろいろありますが「情報流出」に関するさまざまな事は無視し包み隠さず行きます。メンバーの皆さんはご理解の程よろしくお願いいたします。


・4813 ACCESS
・9448 インボイス
・4823 サイバード

ともに今年前半の主題となるワンセグ関係銘柄です。立ち上がりは早いと思われ、また短期回転には打って付けの動きをします。

・アイディーユー
不動産オークション関係。国策としての動きに絡み、この会社はどうしても必要となります。ダイナなき後の買いを一手に集める可能性があります。

・2767 フィールズ
・6736 サン電子

パチンコ関連銘柄。今回の事が起こる前の期待銘柄でした。景気が枯れてもこの業種だけは生き残る期待感があります。

・2432 ディーエヌエー
年始の日経を思い出してください。本年度最大期待銘柄とも言われていました。立ち直りも早いはずです。

・3789 ソニーコミュニケーション
企業情報や財務に詳しい方はご覧下さい。ここまでチャートを崩されると元値を取り返すのは大変ですが、短期回転は十分狙えるはずです。大きく下げた分、いったんの戻りは期待大です。

・2409 ネクストジャパン
選考して下げていた事もあり、本日も下値で買いが入るマネーゲーム的動きをしました。分トレが狙える銘柄かも知れません。

・2412 ベネフィットワン
・2458 フルキャスト

福利厚生としての国の仕事はどんどん民間に下りてきます。国策としての担い手です。伴い、技術系の人材不足等も問題となりつつあり、ともに買い手に材料を与える銘柄として戻りも早いと思われます。


まだありますがココまでにします。またその他の1部優良/材料銘柄等にも戻りに期待が持てそうです。いずれにしても明日の寄り付き後、突っ込んだ所は投資家の強気の買いが入る事が予想されます。

今回の事は投資家にとり、大地震が来たのと同じような出来事と考えています。ほぼ全員が財産を減らしご心痛な事と存じます。しかし過去の急落から見ても下げの期間はそれほど長くはありません。上げた銘柄を参考にリバウンドを狙い少しでも現金余力を高め、ダウが戻るまで耐える余裕をつくってください。

2006年1月18日(水)
東証処理能力オーバー

本日は珍しい事に東証システムが大商いに対応できず、取引を20分短縮する発表を行った事から売り急ぐ投資家の呼び水となり一段安の展開となった。ダウは、一時15000円台まで売られ、ストップ安銘柄が大量に出る大幅続落で終了した。それでも売買代金は4兆円弱と大商いとなった事で、一部では「セリング・クライマックス」ではないか?という憶測も飛び交った。

横のつながりから証券会社等に問い合わせてみたが、各社とも昨日に続き追証の投げが活発に発生したようで、下げが下げを呼ぶ情況に、明日の寄り付きにかけて再度の投げも予想される。しかし明日の底打ち所は一旦のリバウンド・タイミングとなる可能性も強く、引き続き冷静な判断が必要だ。

正直、ココまで全銘柄の下げはブラックマンデーか、バブル崩壊の時以来なので身の引き締まる思いです。特に今回の投げはネットディーラーという、株式相場に対して派生したばかりの投資集団である、過去の暴落を経験していない人の「追証/投げ」が多いように思われます。整備されつくした株取引の容易さが引き起こした東証のシステムの処理能力オーバーであり、投げが投げを呼ぶ雪崩売りです。

「餅は餅屋」という表現がありますが、やはり伝をたどり国民健康保険等の大量資金を運用しているファンドマネージャーさんの話を聞くと、当然リバウンドタイミングを計っていると言う事で、今後の全体市況も最悪日柄の整理が「1〜2週間」と言う事でした。

市場は大袈裟ですが「壊滅状態」です。すべての銘柄において振り出しか、大きなマイナスがのしかかって、今笑っている投資家の方はほぼいないと思われます。事態の復旧には時間を有すと思いますが、必ず元の水準まで利益が戻る相場展開はやってきます。

ですが私は次のリバウンドによる上げは「売り時」と考えています。これはブラックマンデーの時の痛い思いの教訓です。1度目の下げの後、半値辺りまで戻す勢いがあり、そこで付いた「買い」は次の2番底まで持ってかれました。さらに元値に戻ったところでさらに深い3番底まで下落しました。大底が付いた事でその後少しづつ株価は戻り始めました。調整には約3ヶ月を要しました。

今回の下げが同様の動きになるとは限りませんが、過去のチャートは繰り返します。この事を忘れず、しっかり相場に当たりたいと思います。今は耐えるしかないですが頑張りましょう。


2006年1月18日(水)AM8:55
落ち着いて対応しましょう。

朝の寄り前を見ると材料含み銘柄に反発がする気配値が見えています。しかしながら信用の投げが一順されるまで冷静に静観される事をお勧めいたします。一見良い買い場にも見れますが今回の影響が具体的に市場に織り込まれるまでは危険度は高いです。

2006年1月17日(火)
本日の市況

本日の市況は大変厳しいものとなり、私も久しぶりに頭を抱えました。しかしながらこのサイトを訪れて頂いた多くの方々にご相談のメール等を頂く一方で「共に頑張りましょう」といった内容のメールも沢山頂いております。皆さんも本日の市況にご心痛なのに、大変ありがたい事と深く感謝している次第でございます。この場を借りまして重ねて深く御礼申し上げます。

すでに記載させて頂いたように市場はやがて蘇ります。今回の景気はIT企業1社がどうこうなってもびくともしない大きな循環的経済成長率を率いた大きな波と言えます。行き過ぎた過熱感がバブル化する前に準成長へと押し戻された今回の問題はかえって良い事だったと、後から笑い話となると信じて止みません。

ですが相場は相場です。今回のように積み上げてきたチャートを完全に崩されると、いくら優良材料を含んだ銘柄も日柄の整理が必ず必要となります。大変申し訳の無い事ですが「Money is hard 推奨銘柄」もこの分にもれず、更なる下落もありえます。勿論バブル崩壊後のように「ここからまた何年も塩漬け…」とはならないと思いますが、それなりの期間は覚悟しなくてはなりません。

本日のザラ場終了後、値洗いされた信用担保の影響で明日の寄り付きからも投げ物が予想されます。(当然予想が外れることを願っています。)キツイとこですが、耐えられる方は狼狽売りせず冷静に相場を見極めて下さい。

この市場状況からの立ち上がりに対しては、リバウンドを狙って多くの投資家が機会を伺っている背景もございます。「Money is hard 」としてもこの事態に対応すべくいち早く優良な情報をお届けするよう勤めます。

不測の事態とは言え、銘柄を推奨して来た立場上皆さんのご心痛を思うと一言お詫び申し上げたく本日の記載と致します。本当に申し訳ございません。


Money is hard

2006年1月17日(火)
まるで

タイミングを合わせたようにTVで証人喚問が始まると市場で投げが始まった感じがします。マネックス証券が発表したようにライブドア系の銘柄の担保掛目が0%になる事で本日の引け後再集計され明日かなり大きな追証が発生する模様です。まるで信用規制が入ったような状態ですが、この影響で引き続き投げが続くとは思います。しかし長くは続かないと言う見方が大半です。厳しいとは思いますが腹のくくり所です。また、こういう時ですからリバウンド狙いの買いを準備する仕手さん達もいます。状態はお察ししますが過剰な反応よりも冷静にご対応するようお願い致します。

2006年1月17日(火)
こういう情況ですが…

「有料配信レポート」にお申し込み頂いた方には「近状6」にてご連絡しました。・○4○○ ○○○○ がいい動きです。大台変えがあれば一層早そうなので短期割り切りにて乗っても良いかもしれません。

2006年1月17日(火) AM9:35
目先弱そうです。

信用取引にて相場を立てていらっしゃる方は気をつけて下さい。マザーズ指数が低いです。これはネットディーラー達に多大な影響を与え、今日の引けの状態で追証が発生する可能性があります。明日以降、信用残の多い銘柄に投げが入るかもしれません。今日は特別な理由以外に買いは控え、様子見に徹してください。また利食えるものは一度売却し、信用枠/現金枠を確保する事を強くお勧めします。冷静に相場を見れば、押しの少ない銘柄も見えて参りました。今日のうち銘柄を選定し、明日の情況を見て買いのタイミングを図ってください。

2006年1月17日(火) AM 12:10
・8901 ダイナシティー

過去の推奨銘柄であり、波乱もありましたが目標値4万円をクリアしたばかりの銘柄です。ここをご覧になっている方々は勿論、本日報道のライブドアの件にてご心痛の事と存じます。偶然にも直近のストップ高連発の際に私や仲間の仕手さん達は殆ど抜けております。明日の影響は少ないと思っておりますが、心配なのはお手持ちの方々です。

私の経験上、証券会社や投資顧問会社の方針は通常なら売りです。様子を見たり躊躇する事は致しません。結果的に上がったとしても一旦手持ちを無くし、再度下げ止まった所を買い直すのがこれまでのやり方です。しかし先日も記載致しましたが、今は以前の相場観が通用しない市況です。ネットの方々は今夜あらゆる情報を見つけ出し、明日に備えた策を各々が準備しているはずです。各々といってもその数は大量で、ネットの方々と言われる出来高に今まで相場を動かされた事が何度あったか…。

結論から申しますと明日の市場はファンダメンタル的にマイナス要因は大きいものの、どうなるかは本当にわかりません。こういう時こそ冷静になり、相場を見極めてください。中にはライブドアをネタに「もうつぶれる」等と悲観論を振りかざす方もいるかもしれませんが対極にはココをチャンスと考える投資家も必ずいます。それが相場です。

今の段階では上がるも下がるも五分なのです。ご心痛はお察し致しますし、ココをご贔屓にして頂いている方なら、もし損してもそれをできるだけ早く補うべく別の優良銘柄を随時ご紹介させて頂くよう私も心して勤めます。

いつも記載しますが、冷静なご判断を持ち、自己の責任が取れる範疇にて、継続保持かロスカットか、ご対応される事を願って止みません。

今回この内容を記載させて頂くのは私も勇気がいりました。決して冷やかしのつもりではなく心からお手持ちの皆様のご成功をお祈り致します。頑張ってください。

2006年1月16日(月)
近状 3.

先日「近状3.」にてご紹介致しました薬品銘柄・○5○○ ○○○○ですが1.190円→1.460円まで上がって参りました。ホルダーの皆さん、おめでとうございます。事前にお話ししたようなビックサプライズはまだ出ていませんが、ある程度の値幅が取れた事で本日後場より降りだす仕手さん達の動きが確認されています。「提灯メンバー」の方々も、値幅で利益確定する方も増えてまいりました。一端の手仕舞いを考慮する時期かも知れません。ご参考ください。

2006年1月16日(月) PM 13:45
近状 6.

の銘柄ですがやはり上がって参りました。+52.000高といい感じの動きです。しかしながら分割のウワサの裏は未だ取れていませんので、値ごろで利益確定する方はある程度の値幅で儲けてください。おめでとうございます。

近状7.
としてご連絡いたしました ・○7○○ ○○○○ 新しい銘柄です。「パチンコ関連出遅れ」と言う情報で「手」の介入が見られる動きです。JQですが先日のフィールズの動きもあり、今後を見守りたいです。

2006年1月16日(月) AM11:00
ダウは弱いですが…

新興市場は活況です。昨日ご紹介しました「近状 6.」銘柄も小安く始まったもののすでに値を戻しております。当初分割期待での情報でしたが、この辺りでまだもたもたするようならもう少し上値の期待も持てそうです。 さてこの所銘柄が乏しくなってきましたが、市況は循環相場なので次々に持ち回りが変わってきます。落ち着いて見て行きたいです。

今回の「有料配信レポート」にてご紹介した今年の柱となるであろう銘柄
・○7○○ ○○○○ ですが今の所、本体からの「大量保有報告書」の発表が出ていません。発表が出だしたら大きく動き出す事を前提に多くの「手」が下値で買い支えている動きです。前場の値段が突っ込まない所や、すでに出来高が3千株以上出来ている状態を見ると、益々期待できます。

ホルダーの方は楽しみにしていてください。

2006年1月14日(土)
日が変わってしましましたが…

昨日になりますがダウは+9円と相場的には何とも言い難い状況でした。それでも新興市場だけを見れば十分楽しめる相場は続いており、今後の動きに期待が持てるように思います。少し前にご紹介したダイナシティーも大量な買いを集めてストップ高になったり、下にも記載しましたがワンセグ関係で携帯関連の銘柄に材料が多く活況な場面がありました。また大声では喜べませんが「Money is hard」を始めた頃の看板銘柄、因縁の○3○○ ○○○○もかなり値を上げてきました。

しかしココに来て今後の柱になる成長前の銘柄が無くなって来た様にも思えます。古くはバブルの頃もそうでしたが、今後は半分上がってしまったような銘柄を循環で追うしかなくなってくるのでしょう。「高いかなぁ!?」と思っても思い切って乗らないと結局乗り遅れる事になります。反面早乗りになりすぎたり、急に梯子を外されたりもする可能性もある、判断の難しい相場つきとなってゆくのでしょう。


このような展開で相場が動く場合は情報の優位性がカギとなります。たくさんある証券会社や投資顧問やネットの情報で、どこが各々にとって一番有力な情報か選択する難しさがあります。これは投資家の方だけではなく、情報を繋ぐ私にも当たる事なのです。

今回の上げ相場は日本の景気を担ぐような久しぶりに大きなモノとなってきました。株を始めたばかりの方や、長い間市場から離れていた方も多くご参加頂いているようです。そして新たな買い手であるネットディーラーの方々などが加わり、過去の相場では計れない市場展開があちこちで見られます。

こういう状態ですが弱音は吐けません。私は最近考えた末勤めていた会社を辞め、とある投資顧問会社で机だけ借りより近く市場に触れるように致しました。この会社の社長さんは兼ねてより「提灯メンバー」の方で、私と同様に以前からいい加減な情報で賃金を取るやり方に反対し、真っ当な情報提供を考えて会社を起こされた方です。
掲げている主旨が信条ですから顧客からも信頼が厚くその成功率も大変なモノです。今まで何度も助けて頂いた経緯もあります。(でも社員になった訳ではないですよ)

この会社をどうこう宣伝する気はありませんが、しばらくはより身近な情報が錯綜する現場に身を置き、社員の方々の動きを見ながら新しい相場展開への対応を勉強させて頂くつもりです。勿論「Money is hard」は続けますが。

訪れた方の中にはすでにこの投資顧問さんから情報収集されていて、この先重複する話を記載してしまうかも知れませんがご勘弁下さい。より確実性の高い情報をご提示させて頂くために考えた末でございます。

さて長くなりましたが銘柄の事を記載します。

・8901
ダイナシティー ですがライブドアの手が入りストップ高でした。過去においてライブドアが参加にした会社はどれも上向きです。実はTV/マスコミ等で云われているほどライブドアの実像は悪くありません。参加にした会社と一緒に潤う事を前提とし、リストラ等も殆ど行わないようです。過去の「有料配信レポート」にて推奨致しました不動産オークション銘柄同様、ネットでのマンション販売が将来的に増える事を見越しての買収と思われます。不動産としてダイナは収益を上げ、ネット利用という言わばインフラでライブは収益を上げる計算のようです。株価は上がっていますが、大方の見方は5千円ラインです。実際の動きとして仕手さん達はその近辺手前で売り抜けを算段するはずです。割り切れば値幅はまだあるという判断が出来ます。

・9430
NECモバイリング この銘柄レポートお申し込みの方には週刊誌銘柄として「近状」にてご推奨させて頂いた銘柄のひとつでした。昨日は+45円。ちょっと上がってしまった感もありますがテクニカル的に2636円を抜き、戻しが本格化してきたようにも思います。来週は期待できそうです。

最後は昨日情報を得た後、10分後には約5万円を駆け上りいきなりストップ高近辺まで上がった ・
○4○○ ○○○○ この銘柄は昨日の日経にもささやかな記事が載り期待された事もありますが、何より「近いうちに分割発表がある」というウワサで引け間際に盛り上がりました。正直に言いましてこの情報を得た後、レポートお申し込みの方には「近状 6.」にてすぐにお知らせしようと思ったのですが、あまりにも早い動きでお知らせする事が出来ませんでした。もしお電話でのやり取りが前提にでもあればと、大変悔やまれるトコです。それでも所詮はウワサですから絶対ではありません。(と慰めてますが…。)私自身来週の動向がどうなるか楽しみにしている銘柄です。

それでは良い週末をお過ごし下さい。


※お休み中という事もあり、お騒がせするのもどうかと思いますので「近状 6.」銘柄に関してはレポートへお申し込みを頂いた方を対象にメールにてご連絡を頂ければ折り返しご返信申し上げます。 「近状 6.」希望  とお書き添えの上下記よりご連絡下さい。

メールはこちら → Contact us



◆ランキングへのご協力お願いします。


2006年1月13日(金)
ワンセグ

携帯電話のデジタルデータ放送配信が4月頃から本格化しそうです。将来的にTV放送の受信が携帯電話の標準装備となりそうなのでこれを見込んだ関連銘柄が物色される状態が見られます。特定の銘柄もいくつか見えてきましたが、いずれも値ガサ銘柄なので気を付けて投資される事をお勧めします。

また前回の「051218有料配信レポート」で最初の銘柄ですが、すでに目標金額を達成しております。それでもこの携帯関係の動きから「さらに上昇を続けるようなら分割の準備を始める」と言う非公式ながら社長のコメントも出ているようです。

さらに昨日の「近状5」銘柄ですが、裏付けは取れていませんが、1月決済の為、こちらも分割がウワサされています。

いろいろと情報が錯綜する所ではありますが、材料株を吟味し利益確定してください。

2006年1月12日(木)
近状 5の銘柄

「近状5」を送信してからタイミングよく上がりだしました。おめでとうございます。この銘柄の特徴で引け際に上がる事が多々あります。日計りできる金額なので早下りされる方は上手く抜けてください。

2006年1月12日(木)
近状 銘柄

「有料配信レポート」へお申し込み頂いた皆さんには「近状 5」にてご報告いたしましたが、この銘柄は短期上昇が見込まれます。但し私の聞いたところでは仕手さん達は短期で転がすようなので、ネットの方向きの銘柄動向です。動きに注意し押した水準で乗り、上手く利益確定してください。

2006年1月11日(水)
昨日の近状

…にてご報告申し上げました薬品銘柄・○5○○ ○○○○ ですが未だ内容の詳細は分かりません。しかしながら、何かしら発表がありそうな動きがイタ情況から見て取れます。また価格も徐々に上がり出し、十分日計りも可能なレベルまで来ました。今後に期待が持てそうです。ホルダーの皆さん、おめでとうございます。

2006年1月11日(水) AM9:50
○4○○ ○○○○

昨日来記載しておりますこの銘柄ですが大口の信用投げがあり、本日も下げております。しかしながら下げ要因の大半が短期信用資金の投げであれば切り返しは十分に狙えます。「仕手さん」達も切り返しのタイミングを狙い買いを入れる準備を整えています。ご不安とは思いますが、ここはチャンスと考えたいです。

2006年1月10日(火)
有料配信レポート銘柄 ○4○○ ○○○○

「有料配信レポート」にて推奨いたしましたレジャー、ファンド関係の銘柄です。驚いた事に本日はストップ安まで売り込まれました。仕手さん達との付き合いも長いのですが手持ちの銘柄でストップ安が出たのは何年振りでしょうか?なまじ下がる銘柄は合ったもののココまで激しく売り込まれたのには久しぶりにショックが大きかったです。でも一番驚いたのは今まで「有料配信レポート」にお申し込み頂いた方々から頂いたメールです。皆さん一応に「どこで買い増しすればよいか?」また「明日も売り込まれるなら何時買いなおせば良いか?」といった内容ばかりです。レポートで推奨した私を攻める方は1人いらっしゃいません。大抵の株にあまい素人(言葉悪いです。すいません。)なら文句の一つも担当者にぶつけるモノですがそんな私の覚悟もどこ吹く風でした。今更ですがMoney is hard をご贔屓にして頂いている方々のレベルの高さには敬服致します。また、このような方々がMoney is hardをご贔屓にして頂いている事を大変誇りに思っております。

さて、本銘柄に関してですが本日は信用買い残が先週末818株と融資残が、先々週末比300%となり、融資残の1位となったのが嫌気され売り込まれた、と言うのが大筋の見方です。この件に関しては本日先程までグループで集まり検討致しました。個々の売り要因に関して真実は勿論わからない事ですが、やはり今回の信用買残が原因と見るべきでしょう。結論として一過性の売りと判断し、明日、あさってと下げるようならば資金を準備し買い増しを計る計画を立てました。この環境からご心配な事も十分理解いたしますが、ここは是非とも踏ん張って頂きたいと思っております。レポートにてご紹介した内容に変わりはございませんのでご心痛をお掛けして誠に申し訳ございませんが宜しくお願い致します。






◆◆◆◆◆【レポート配信】◆◆◆◆◆

06/1/9 「Money is hard レポート」 
記載内容は今後の市況と推奨個別銘柄詳細

◆募集期間:1/10〜1/14まで
◆申し込み 1配信「\1.500円」

配信ご希望はこちらから


2006年1月10日(火) PM2:00
近状 2

「有料配信レポート」へお申し込みの方々へ「近状2」にてご連絡致しました・○2○○ ○○○○ ゴルフ関連ですが、思ったより早く動き出しました。様子見の状態から押し目を作る算段でしたがフライングの「手」があり、思わぬ上値追いとなっております。しかしながら全体的高値や信用規制に対する警戒感は残っています。ココはイタ状況を見ながら投資に対しては十分ご注意して行うようお願い致します。

2006年1月10日(火) PM12:45
○2○○ ○○○○

「有料配信レポート」銘柄です。現在272 000円 -14.000円まで下げてきています。しかしながらレポートでもご紹介したこの銘柄に対する姿勢は変わっていません。またテクニカル的に271.500円が転換線となる事から近辺で支え玉が入っているようです。ここは継続保持にてご対応下さい。

2006年1月10日(火)
新興市場は軟調です。
状況次第だが高値/信用規制を警戒してか軟調な展開となっております。こういった時はやはり材料含みの銘柄の押した所が狙い目です。「有料配信レポート」ねお申し込み頂いた方々には順に材料含みで期待できる銘柄を「近状」にてご連絡致します。ご参考にしてみてください。

2006年1月8日(日)
3連休でした。

明日からまた1週間、ではなくもう1日お休みが続くのでした。相場がいい状況だとつい休みがうっとうしくなりますが、普通の方々には正月明けで始まった仕事にちょうど一息つける良いお休みなのかもしれません。1日分時間が増えたのでこのページもリニューアルした事ですしついでに、過去の「有料配信レポート推奨銘柄」が閲覧できるようにしてみました。年始のお年玉の変わりになればと思います。ご参考下さい。しかしまとめてみて分かったのですが、下がってロスカットをした銘柄は無かったものの、目標価格にまだ到達できていない銘柄も結構あります。ゲオやネクストJ等、いわゆる「手」は抜けていないものの、あと少し上がって欲しいという状況が続いてます。また逆に目標価格を大幅に上回り未だに上昇し続けている銘柄もあります。見方によってはちぐはぐなレポートとなったかも知れませんが、とりあえずどの銘柄も推奨時よりも上がり、下がってロスカットがない事だけは救いです。今後も情報の選り分けに努力いたします。

さて、最近次のレポートはまだか?とたくさんのメールを頂いております。また昨年11/15に始めて募集した「有料配信レポート」に記載した頃にはあまり信じてもらえなかった「ディーエヌエー」が06年今年1番の推奨銘柄と日経新聞に載りった事で急騰し、お申し込み頂いた方々に「何故わかったのか?」と言う内容のご質問も頂きました。また看板銘柄として随分引っ張った因縁の「SJHD」もとうとう目標価格を達成し、お礼のメールも多々頂いております。この場を借りまして私の方こそ拙い情報にお付き合い頂いた皆様に心より御礼申し上げます。

時に情報には騙される事もありますが、その情報を発信した人でさえ、騙されている事があります。結果的に騙されたとしても騙す為に教えてくれた情報ではない場合もあります。人と状況を見て、自分なりの指標を当てて情報を選り分ける事が大事だと思っております。それを前提に今回も大きく上がるであろう銘柄を含んだレポートを作りました。配信ご希望の方は下記よりお申し込み下さい。

それではみなさまのご成功を心よりお祈り申し上げております。





◆◆◆◆◆【レポート配信】◆◆◆◆◆

06/1/9 「Money is hard レポート」 
記載内容は今後の市況と推奨個別銘柄詳細

◆募集期間:1/10〜1/14まで
◆申し込み 1配信「\1.500円」

配信ご希望はこちらから

2006年1月6日(金) AM8:45
要注意!!

外資が15.500円のプットを大量に買っている模様です。これは過熱した相場に対する信用規制発動を予測しての動きと思われます。最初の規制は「買い」とも言われますが、銘柄によっては目先利益確定を考えるべきでしょう。ちなみにウワサのレベルですが規制の発動は今日〜週明け早々と言われています。

上記した事はともかく、ハイテクの買い戻しも囁かれています。・6758 SONYの上げが示すように、全体的な底上げが予測されます。
ココは踏ん張るつもりで継続保持か大道の材料銘柄にShiftする事をお勧めします。

2006年1月5日(木)
ちょっと話が入りました。

・○2○○ ○本○○ に介入の情報があります。動きを見ていると確かに下値を追う動きがあります。

・○4○○ ○○○○ 「有料配信レポート」銘柄です。ご心配をお掛けしましたがようやく第2波動が開始されたようです。前回の
高値29万(+19.000円)ツラまで確認できました。今後の動きに期待して下さい。


◆ランキングへのご協力お願いします。

2006年1月5日(木) AM11:00
「手」の動きが見て取れます

・○6○○ ○○ の切り返しが目立ちました。吊られて・4287 ジャストプランや・5302 日カーボンの動きも強さを感じましたが前場はやっぱり前回の「有料配信レポート」銘柄でもある・8922 アイディーユーでしょう。前回の「有料配信レポート」銘柄でもあり、すでに目標株価は達成しておりますが、2日で10万も下がったココの所は買い推奨です。また・2676 高千穂交易 の動きが変です。イタ状況から「筋」的動きが見て取れました。この銘柄も近いうちに上昇が期待されます。

2006年1月5日(木) AM9:00)
目標達成です

大変申し訳ございません。昨日見落としておりましたが、前回の「有料配信レポート」にてご紹介致しました・4813 ACCESS が随分早く目標達成となりました。年始から大変おめでたい事です。ここから目標達後の上下を推理する展開となりますが多少のモミ合いも予想されます。ホルダーである「提灯メンバー」やレポートへお申し込み頂いた皆さん、うまく利益確定し資産を増やしてください。


◆昨日達成(…してました)

・4813 ACCESS 12/18推奨 269万→330万

目標達成おめでとうございます。



◆ランキングへのご協力お願いします。

2006年1月5日(木) AM8:35 
本日より通常立会い

2006年立会いも2日目となり今日から前後場の通常立会いとなります。昨年来続いている大手投信設定が本格化する事が予想され、安定した相場展開が見込まれます。引き続きダウの押し上げに追従する一般投資家の「買い」意欲は衰えそうもありません。気持ちとしては少々踊り場を作る為押し目も必要だと思っていますが、世間の情勢がどう出るか市場を注視したい所です。

2006年1月4日(水) AM10:35
変な動きしてます。

・6362 石井鐵工 
動きが変です。プラント関係と低PERを題材に「手」が入っている模様です。私の知っている筋ではないので上値や組み立ては分かりませんが、先行き面白そうな銘柄です。値ごろ感もいいので人気化しそうな雰囲気があります。


本日は発会の為前場のみで終了させて頂きます。本日の動きを見る限りでは、昨年来の勢いは衰えていません。明日も相場に期待しましょう。



◆ランキングへのご協力お願いします。

2006年1月4日(水) AM9:35
レポート銘柄について

前回 05/12/18付け「有料配信レポート」にて推奨した銘柄に関し目標達成価格が近づいてきました。12月相場が予想以上に活況だっただけにかなり足の速い達成となりそうです。達成額はある程度の幅を持って推奨しておりますが、近辺になりますと気の早い仕手さん達の利益確定による売り買いが交錯します。上下する価格に踊らされず、自分なりのスタンスで利益確保を心がけてください。また先日の・8922 アイディーユーに続き、下記銘柄も目標達成幅に到達です。新春第1日目からおめでたい事です。ホルダーの皆さん、上手く利益確定してください。


◆本日達成

・4287 ジャストプランニング 12/18推奨 29万→43.2万

目標達成おめでとうございます。



◆ランキングへのご協力お願いします。

2006年1月4日(水)
銘柄
注目銘柄です。

・3402 東レ
・6326 クボタ
・6758 SONY
2006年1月4日(水)
2006年 発会です。

遅れ馳せながら皆さん、明けましておめでとうございます。本年も実り多き年になりますようご健闘をお祈り申し上げます。

「Money is hard」としても尚一層銘柄を選りすぐり、さらに良質な情報提供に努める所存です。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

昨年は年内に収まりきれない程の勢いが証券市場を駆け巡りました。新春1月はその勢いがどれ程までのものなのか試される月です。毎回の事ですが冷静に落ち着いて相場に当たって行きましょう。



◆ランキングへのご協力お願いします。

2005年12月30日(金)
本年もお疲れ様でした。

前場終了です。提灯メンバーの皆さん、レポートにご応募頂いた皆様、そしてお立ち寄り頂きました皆様、本年度の投資成果は如何だったでしょうか? 私も、たまたまた新鮮な情報の取れる立場にいるおかげで、今年も昨年と比べ確実に資金を増やす事が出来ました。

私事ですが今おかれているこの立場は、普通にお勤めされている方やご家庭の主婦の方では絶対になれません。自慢する訳ではないですが、それなりの紆余曲折と運が重なり現在の私があります。ですがこれは私の努力の賜物ではなく、関わったいろいろな方々のおかげだと承知しております。証券界だけではなく、別の業種の方や、もう引退した人生の先輩の方々等数え上げたらキリがありません。

そういった方々に少しでもご恩返しが出来ればとはじめたのが「Money is Hard」という完全無料の情報公開サイトでした。結果的に一部有料と言う形で情報配信する事になってしまいまいしたが、基本的には高額な会員料や情報料を前提とした市場情報の開示は今も反対です。

9月からはじめた本サイトではございますが、この数ヶ月に沢山の方に訪れて頂きました。皆さん本当にありがとうございました。年始に向けまた儲かる銘柄を沢山仕入れて記載させて頂くつもりです。それでは良いお年をお迎えください。

Money is hard

2005年12月30日(金)
大納会です。

2005年も本日が最終日です。冷静に行きましょう。



◆ランキングへのご協力お願いします。

■仕手株/投資情報提供サイト
あらゆる情報ソースを駆使して次の上昇株を先取りする「情報投資法」を公開
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO